西洋占星術という方法で占ってくれる電話占い師の評価が高いらしいですね

私は面白半分ながらも「占い」は結構信じる方で、学生時代には西洋占星術やタロットカードについて少し勉強していた時期もありました。西洋占星術などで友人達のことを占ってあげると面白いように当たるので、占い師を目指そうかと思ったほどです。笑

西洋占星術の面白いところは、生年月日とおおまかな出生時刻さえ解れば、その人の性格のアウトラインが読み取れるところしょうか。一般的によく知られている「十二星座占い」は、出生時刻、産まれた時の『太陽』の位置によって人間の性格をざっくりと十二等分したものです。

蟹座は家庭的、獅子座は派手で華やか、山羊座は真面目、といった具合ですね。でも、一般に「華やか」とされる獅子座産まれの中でも、あまり目立たないコツコツとした地味な生き方を好む方も大勢います。そうした方のホロスコープ(出生時の惑星の位置を平面の円の中に配置したもの)を見てみると、なぜその人が「獅子座らしくない」のかが解るのです。

例えば、西洋占星術において、『太陽』は「人間の自我」、『月』は「内面の感情」、『土星』は「制限」を意味します。この場合、たとえ「人間の自我」を表す『太陽』が華やかな獅子座にあったとしても、「内面の感情」である『月』が控えめな場所に位置していると、その人の獅子座的な性格は緩和されます。

さらに、「制限」を意味する『土星』が「自我」を意味する『太陽』に干渉していると、その人の獅子座的な性格には一層の制限がかかります。このように、パズルのように惑星の配置を読み取ることで、その人の本質的な性格が不思議と解ってしまう西洋占星術。

本当に面白いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加